<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 大阪府教委が、財政難や少子化を理由に新規採用を抑えたことなどから、昨年5月時点で府内の公立小中学校の教員定数(3万8000人)を約2600人分、満たしていないことがわかった。

 不足分は、臨時講師で穴埋めしているが、精神疾患や産休で休職した教師を講師で補充できないケースが、昨年度以降、約450件に上った。その結果、学級担任が空席になったり、自習が続いたりと、学級運営や授業に支障が出る学校も出ているという。

 府教委によると、教員定数に満たない状態は十数年前から続き、講師を増やして対応。団塊世代の退職者数の増加で、府では08〜09年度に2823人が退職。それに対して09〜10年度の新規採用数は2436人にとどまり、教員の定数割れが広がった。各地の教員不足に伴う講師の奪い合いも重なり、ここ数年で講師不足が深刻化したという。

 府教委が09年度、臨時講師を補充できなかった事例を調べたところ、調査対象の41市町村(政令市を除く)のうち36市町で381件あり、今年4、5月にも20市で71件確認した。

 近畿でも同様の事情から教員定数を満たしておらず講師不足に陥っている。09年度に代替講師が1か月以上見つからなかったケースは兵庫県で42件、京都府で11件あった。ただ、東京都や福島県などでは定数を確保しているという。

 全国の実態について文部科学省は把握していないというが、同省初等中等教育局の担当者は「国は教員定数の3分の1の人件費を補助しており、定数分の教員を確保すべきだ」とする。

 大阪府教委・教職員人事課は「少子化で将来、教員の必要数が減少することもあり、新規採用をこれ以上増やすのは難しい」としている。

都の漫画規制案、民主が撤回要求へ(読売新聞)
牛丼店にスパイダーマンのマスク強盗 3万円奪い逃走 水戸(産経新聞)
皇太子さま、シンポジウムにご出席 アフリカテーマに国連大学で(産経新聞)
この国をどうやって守る 本気で防衛論議を(産経新聞)
<減税日本>参院選に候補者擁立検討 河村市長が明らかに(毎日新聞)
[PR]
by tt2qwgrrd923 | 2010-05-29 21:19
 11日午後2時半ごろ、千葉県八街市小谷流(こやる)の会社員、中村忠司(ただし)さん(46)方から出火、木造2階建て約130平方メートルを全焼した。県警が12日に現場を実況見分したところ、焼け跡の1階6畳間から中村さんの父で農業、行夫さん(76)の遺体を発見。背中に刃物による刺し傷があったほか、付近に油がまかれた形跡があり、殺人・放火事件とみて佐倉署に同日捜査本部を設置した。13日に遺体を司法解剖し、詳しい死因を調べる。

 捜査本部によると、遺体はあおむけの状態で、背中の上部中央に刃物で刺したような幅数センチの傷があった。現場から凶器とみられる刃物は発見されておらず、行夫さんが普段使っていた軽乗用車がなくなっていた。犯人はこの車で逃走した可能性があるとみて行方を追っている。

 中村さん方は中村さんと長女(16)、次女(14)、行夫さんの4人暮らし。出火当時、行夫さん以外は外出していた。中村さんは11日午前6時50分ごろ出勤したが、その時は行夫さんに変わった様子はなかったという。

 現場は水田と雑木林に囲まれ、近所には5〜6軒の家しかない静かな農村地帯。近所の無職男性(65)は「(行夫さんは)いつも畑仕事をし、温厚な人だった。トラブルに巻き込まれるような人ではない」と驚いていた。【中川聡子、黒川晋史、斎川瞳】

大粒、岐阜の特産米「龍の瞳」ヒルズで田植え(読売新聞)
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」 (産経新聞)
<訃報>加藤克巳さん94歳=歌人(毎日新聞)
<ヒラドツツジ>ピンクの海に浮かぶ天守閣−−長浜城(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定>福島消費者相、業界団体の取り組み注視(毎日新聞)
[PR]
by tt2qwgrrd923 | 2010-05-21 21:11
 不法滞在のフィリピン人ニューハーフ(バクラ)が日本人の男と偽装結婚していた事件で、埼玉県警が公正証書原本不実記載・同行使などの疑いで、首謀者でフィリピン国籍のアレバロ・マリーナ・ペキット容疑者(50)の逮捕状を取ったことが7日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は近く国際刑事警察機構(ICPO)を通じて、国際手配し、事件の全容解明を進める。

 逮捕状の容疑では、群馬県太田市の元消防士の男=公正証書原本不実記載・同行使などの罪で有罪確定=と、その交際相手のフィリピン人のバクラの男=同=と共謀し、同市役所でこの比人の外国人登録を申請し、受理させた疑いが持たれている。

 県警では、マリーナ容疑者の指南で、元消防士が渡航先のフィリピンで現地女性と偽装結婚。入手した女性名義の旅券に交際相手のバクラの写真を張り付けて流用し、日本で外国人登録証明書を偽造したとみている。バクラは男性であることを隠して、元消防士との婚姻届も役所に提出していたという。

 旅券は「運び屋」とされる現地女性になりすました別のフィリピン人の女が日本に持ち込み、バクラ側に渡していた。女は短期滞在で入国したまま、不法滞在していた。

 マリーナ容疑者は、こうした偽装結婚工作でバクラから50万〜100万円の報酬を得ていたという。

 県警では、背景には不法滞在のバクラが日本で働くために日本人男性と偽装結婚して、正規滞在を装う裏ビジネスの存在があるとみて捜査を進めている。

 この事件ではこれまでに、公正証書原本不実記載などの罪で起訴された日本人の男とバクラのカップル3組を含む計7人の有罪判決が確定している。

官房長官、きょう鹿児島入り=徳之島町議と会談へ−普天間(時事通信)
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎(時事通信)
徳之島3町長らの記者会見の主な内容(1)(読売新聞)
B型肝炎訴訟で閣僚会合 救済範囲など検討(産経新聞)
泡から銀河系有数の巨星へ=ハーシェル宇宙望遠鏡が観測(時事通信)
[PR]
by tt2qwgrrd923 | 2010-05-13 14:57
←menu